紺青の拳バーで小五郎に電話をかかってきたのはなぜ?

今回は、名探偵コナン紺青の拳・バーで小五郎に電話をかかってきた理由は?

 

小五郎がバーで飲んでいる時、無言電話が

相手は誰?

目的は?

調べてみました。

 

紺青の拳や過去映画をノーカットで無料で見る方法はこちら!の記事を参照にしてみてください
 

電話の相手は誰?

ホテルのバーでお酒を飲んでいる小五郎、

そこにレイチェルが声かけてきます。

 

何か話がありそうなレイチェル。

そこに、店員さんから小五郎あてにお電話のようですと。

 

出るとすでに切れてました。

この時、誰が何の目的で電話をかけてきたのでしょうか?

 

小五郎に話しかけた、レイチェルを見ている男が

それに気づいたレイチェルは動揺して小五郎にお酒をこぼします。もしかしたらわざと

 

かけてきたのは、レオン・ローもしくは手下と考えられます

 

目的は?

小五郎に、事件の真相や計画を話そうとしているレイチェル。

話されては困るので阻止するため

 

その場から二人を引き離す目的があったと思います。

 

次の日殺害されたレイチェルが見つかります。

 

口封じのために殺されたんですね。

 

まとめ

電話の相手は、事件の真相を知られては困る人物。レオン・ロー

 

目的は、真相を話されると困るために引き離したかったから。

今回は、この辺でありがとうございました。