枕の草子 「春はあけぼの」現代語を理解して覚えよう

2019年12月19日

●●●
こんた

春はあけぼの~昔覚えたな…。

 

春はあけぼの、の部分は結構覚えてるんですよね。その先なかなか覚えられなかった学生時代。

何度も復唱して何とか覚えました。

 

意味が分かると、案外早く覚えれるこっとってありますよね。

今回は、わかりやすく現代語にしてみました。

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

 

現代語文

春は、明け方いいよね。だんだん白くなっていく山ぎわのあたりが、少しずつ明るくなってきて

紫がかった雲が細くのびてるのがいいよね。

 

夏は夜

夏は夜。月のころはさらなり、やみもなほ、ほたる飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

 

現代語文

夏は夜が、いいんだよ。月が出ているのは言うまでまないけど、月がでてない闇夜ですら、多くの蛍が飛びかわっているのがいいよ。

でも、一ぴき、二ひきが、ぼんやりと光って少しずつ飛んでいくのも趣があるよね。雨など降るのも趣があっていいよ。

秋は夕暮れ

秋は夕暮れ。夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入りはてて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。

 

現代語文

秋は夕暮れがいいんだ。夕日がさして、山の端にとても近くなっているときに、カラスがが寝床へ帰ろうとして、

3羽4羽、2羽3羽と急いで飛んでいる様子さえでさえ趣があるよね。言うまでもないけど雁などが列を作ってで飛んでいるのが、

遠くでとても小さく見えるのは、趣があっていいよね。すっかり日が沈んでから聞こえる、風の音や虫の鳴く声などは、あらためて言うまでもなくすばらしいよ。

冬はつとめて

冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もてわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。

 

現代語文

冬は早朝がいいよ。雪が降り積もっている朝は言うまでもないよね。霜がおりてとても白くなっている朝も、またそうでなくても

とても寒い朝に、火などを急いでおこして、廊下など炭を持ってはこぶのも、冬の朝にたいへんふさわしい。昼になって、寒さがだんだんとやわらいでいくと、火桶の火も白い灰になっているのが見ためがよくないよ。

 

まとめ

意味や頭の中で情景、時代背景を思い浮かべてみると、覚えやすいです。

私自身は学生時代、ブツブツ呟きながら何度も何度くりかえし復唱しておぼえましが、何とか覚えた記憶が今でもあります。

 

枕草子とは関係のないですが【外郎売(ういろううり)】って言うのを、覚えたときはリズムで覚えました。

●●●
こうさん

努力は絶対報われるよ

●●●
こんた

平安時代にタイムスリップした、イメージもってみてね

歴史

Posted by ゆずころ