2019年参議院選挙青森選挙区の結果速報と候補者一覧!定数と当落を予想

●●●
こうさん

2019参議院選挙が7月21日に投開票がありますね。

 

今回の選挙の争点は?

  1. 消費税
  2. 雇用、労働不足
  3. 年金、老後の生活
  4. 憲法、安全保障

この四つだと思います。というわけで、

今回は、

  • 青森県の定数は何人なのか?
  • 選挙区の立候補者の所属の政党など含めて紹介します。
  • 当落予想を、現職が有利か、それとも新人?

簡単ですが紹介していきたいと思います。

結果速報

当選 名前 所属政党
 

滝沢 求

自民党

21日に随時更新予定です。

 

青森県の定数は?

青森県の定数は1です。

立候補者は3人です。

 

三つ巴の戦いになるのか、独走するのか…

立候補者の紹介

簡単ですが、立候補者の紹介をしたいと思います。

敬称略

 

小山 日奈子 (こやま ひなこ) 新人

性別  女

年齢  53

政党  NHKから国民を守る党

肩書  犯罪被害者支援員、元衆議院議員秘書

当選回数  0回

 

滝沢 求 (たきさわ もとめ) 現職

性別  男

年齢  60

政党  自民党

  • 推薦:公明

肩書  元外務政務官、元青森県議会議員

当選回数  1回

 

小田切 達 (おだぎり さとる) 新人

性別  男

年齢  61

政党  立憲民主党

  • 推薦:社民

肩書  弁護士元青森県弁護士会会長

当選回数  0回

当落予想⁉

1議席をとるのは、やはり現職で自民の滝沢求でしょう。2013年の選挙では圧勝しているので、手堅いとおもいます。

野党候補を一人に絞っていたら違った結果になってたと思いますが。今回も自民が圧勝するとおもいます。

 

まとめ

候補者の紹介と当落予想してみました。

あくまでも、個人的な予想です。一応ニュースサイトをチェックはしてますが、何がおこるかわからないですからね。

自分の大事な一票を有効に使いましょう。

 

現職のが圧倒と言えども、現職のをおびやかすぐらいの人物が出てくると選挙戦も盛り上がって投票する側も投票するのが、迷う。

そんな選挙戦になってくれたら、政治に興味がなくても投票行くぞってなるような選挙戦もいいかもですね。

では、今回はこのへんでありがとうございました。