2019年参議院選挙 長崎選挙区の結果速報と候補者一覧!定数と当落を予想

●●●
こうさん

2019参議院選挙が7月21日に投開票がありますね。

 

今回の選挙の争点は?

  1. 消費税
  2. 雇用、労働不足
  3. 年金、老後の生活
  4. 憲法、安全保障

この四つだと思います。というわけで、

今回は、

  • 長崎県の定数は何人なのか?
  • 選挙区の立候補者の所属の政党など含めて紹介します。
  • 当落予想を、現職が有利か、それとも新人?

簡単ですが紹介していきたいと思います。

結果速報

当選 名前 所属政党
 

古賀 友一郎

自民党

21日に随時更新予定です。

 

長崎県の定数は?

県の定数は1です。

立候補者の人数は、3人です。

立候補者の紹介

簡単ですが、立候補者の紹介をしたいと思います。

敬称略

古賀 友一郎 (こが ゆういちろう)現職

性別  男

年齢  51

政党  自民党

  • 推薦:公明

肩書  総務政務官、元長崎市副市長

当選回数  1回

 

白川 鮎美 (しらかわ あゆみ)新人

性別  女

年齢   39

政党  国民民主

  • 支持:立民・社民

肩書  国民民主党長崎県連副代表、美容コンサルタント会社社長

当選回数  0回

 

神谷 幸太郎 (かみや こうたろう) 新人

性別  男

年齢  43

政党  NHKから国民を守る党

肩書  元タクシー運転手

当選回数  0回

当落予想⁉

順当にいけば現職で自民党の古賀友一郎が勝つと思います。

白川鮎美は、無党派層を取り込めるか、うまく取り込めれば勝つ可能性もあるかと思います。

まとめ

候補者の紹介と当落予想してみました。

あくまでも、個人的な予想です。一応ニュースサイトをチェックはしてますが、何がおこるかわからないですからね。

自分の大事な一票を有効に使いましょう。

 

選挙戦について調べたり記事を読んでいて思うのは、いろいろしがらみがあったりしてちょっと大人げないなみたいなことで公認するしないとかあったりするんですね。

裏ではいろんな駆け引きとかあったりするんやと思ったしだいです。

なので党の考えや候補者自身の考えをもっと自分なりに解釈しないといけないと思いました。普段から政治について興味を持たないといけないなと思います。

では、今回はこのへんでありがとうございました。