2019高台寺の紅葉の見ごろや混雑状況は?ライトアップの時間や拝観料・駐車場を調査

2019年12月19日

●●●
こんた

今回は、高台寺の紅葉の見どころなどについて紹介します。

 

  • 高台寺の紅葉の見ごろいつ頃
  • 気になる混雑状況は?
  • ライトアップの時間は何時から?
  • 拝観料・駐車場を調査

等々、紹介します。

寧々の寺・高台寺の見どころ紹介!御朱印の場所や拝観料を調査

高台寺の紅葉の見ごろ

紅葉の見頃 11月中旬~12月上旬

静かな雰囲気で紅葉を楽しみたい時は、まだが紅葉が始まったばかりの11月上旬に訪れてみるのはいかがですか?

ゆっくり見たい時にはまだ紅葉の始まりに訪れてみるのもいいですね。

 

綺麗な紅葉を見たい時には混雑は避けられないと思いますので覚悟をしといた方がいいです。

でもやっぱり綺麗な紅葉が見たいですよね(*^▽^*)

混雑状況は?

高台寺の混雑状況は拝観券購入の時点で30分以上待つことになります。

紅葉の季節は特に高台寺周辺は街全体が混雑しています。

 

高台寺の紅葉の時期の混雑を避けるには?

昼間の拝観場合 開門後すぐ9時から10時頃が一番おすすめです。

夜の拝観場合 閉門直前21時を過ぎてからがお勧めです。

 

 

ライトアップの時間は?

営業時間9:00~17:00

 

夜間特別拝観(10月25日~12月15日)17:00~21:30(21:30受付終了)(予定)

休業期間中無休

 

高台寺の秋季拝観は昼夜入れ替え制ではないので、昼間から夜のライトアップが開始されるまで待つことができます

 

特に注意して欲しいのは、夜間拝観コースは一方通行のため先に進んでしまうと元に戻れないので注意してください。

 

ライトアップの期間は現時点では予定です。紅葉の状態によれば日にちが前後する可能性があります。

 

分かり次第追記したいと思いますが一応、公式ホームページを確認してみてください。 

高台寺ホームページ

 

プロジェクションマッピング

方丈前庭『波心庭』で行われています。

 

係の人によって上映が終わるたびに、入替になります。

結構人が流れていくので、順番に待っていれば余裕で見やすい位置に行けるみたいです!

 

 

ライトアップ以外にもプロジェクションマッピングも行われているので多くの人が訪れます。

 

プロジェクションマッピングは入れ替え制のため順番が来れば見られるので慌てなくても大丈夫!

 

 昼間に見る紅葉もライトアップされた紅葉も両方を楽しみたいですね。

拝観料・駐車場を調査

高台寺の拝観料 

大人600円・中学生250円

また共通入場券があり、高台寺・圓徳寺・高台寺掌美術館三つの施設が利用でき900円で購入できます。

 

高台寺で並んでチケットを買うより、高台寺掌美術館と圓徳院の方がすいているので早くチケットを購入することできます。

共通券なので高台寺の行列に並ぶことなく入場できますよ。隣接しているので近いです!

 

圓徳院でもライトアップしているので両方たのしめます。

 

または、駅や街中などにあるチケットショップなどでも取り扱っていることもあるので、
高台寺に訪れる前に良ければよってみてくださいね。

 

駐車場

<有料>駐車場あり(100台)。

駐車料金最初1時間まで600円、以降30分ごとに300円
高台寺・圓徳院を拝観された場合は1時間無料。
 

高台寺賑店で3000円以上お買上げの場合。1時間無料券発行。
拝観受付またはレジに駐車券をお持ちくださいね。

 

紅葉のシーズンは混んでいてなかなか駐車場に入ることも出来ないと思います。

高台寺駐車場

 

チケットは共通のチケットを買うほうがお得です。

興味があれば他のところも回ってみるのもおすすめします。

 

駐車場は専用駐車場がありますが、近場の駐車場もすぐに満車にので可能ならば公共機関を使うのも考えてみるのはいかがでしょうか?

 

ちなみに、駐車場の事前予約が出来ます。よければ、参考にしてみてくださいね(≧▽≦)

akippa(あきっぱ!) 予約できる格安駐車場

駐車場予約なら「タイムズのB」(旧:B-Times)
軒先パーキング SHARE PARKING SERVICE

まとめ

今回は、高台寺の紅葉の見頃やライトアップ・拝観料や駐車場について紹介しました。

高台寺といえば豊臣秀吉の正室北政所・ねねが秀吉が病死した後に秀吉の冥福を祈るために建立されたお寺なので、北政所も高台寺のお庭を眺めていたかもしれないですね。

 

はるか昔、この地に移り住んだねねのもとには歴史に名前を残す人物も多く訪れていたので時を越えて、今現在も当時と同じお庭を見れるというのは何か不思議な感じもしますね。

 

お寺や歴史が好きな人にはたまらない場所でもありますね。 

 

では今回は、この辺でありがとうございました。